キャラクターを右クリック

チャットチャンネルで広くグループを募集する方法もありますが、ここでは現地で誘う場合や、tellを飛ばして誘う場合を想定しています。

tellは、指定した本人だけに連絡できるチャットで「/tell キャラクター名 用件」で話す事が出来、対応は「Rキー」で返信可能です。

例えばAAAさんをtellでグループに誘う場合は「/tell AAA グループ組みませんか」という感じになります。

承諾を得たら、組むキャラクターを右クリックして「グループに誘う」を選択するか、チャット欄に「/invite キャラクター名」を打ち込む事でグループが結成されます。

 

キャラクターを確認は/who

チャット欄で「/who」と打ち込むと、そのゾーンに居るキャラクターのリストが得られます。

リストには匿名モード、ロールプレイングモードにしていなければ、キャラクター名やレベル、クラス名といった情報が100キャラクター分まで表示されます。

レベルやクラスを詳細に検索したい場合にはメニューボタンから「コミュニティ」を選択すれば専用の画面が現れます。

 

グループが組める範囲

グループ中の最も高レベルなプレイヤーが基準になり、レベル×0.75が参加下限になります。つまり、50レベルだと37レベル前後まで一応は参加可能です。

装備やスペルが整ったプレイヤーをグループに組み込めば低レベルのmobは1人で蹴散らせるほど強力ではありますが、そのままだとmobの名前が灰色化して経験値は全く入りませんし、一部のクエスト絡みの品物を除いてアイテムドロップは発生しません。

上級者が低レベルのキャラクターを支援するにはグループ参加後「メンター」と呼ばれる機能を使って、レベルを意図的に下げる事で経験値などが入るようになります。

メンターの方法は上級者がメンターする側のHPバーを右クリックメニューから行えます(※メンター解除も同様の方法)

 

グループの人数制限

2〜6人が1グループになります。

EQ2で6人集めるとグループとしての戦力は相当な物で、グループ用のmobを複数相手しても突き進めるほどになります。

序盤では特に各クラスの役割について気をつける所は少ないですが、グループ専用に用意されるインスタンスやダンジョンではグループの構成を考え、個々の特性を活かした戦闘が望まれます。